2015 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2015 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
LUCY/ルーシー
2015/02/13(Fri)
この映画はとても短い。
だから台湾から帰る時でも、十分見られる!と思って見たのだが、一番評価できる点は、この「短い」ことである。

これがもし2時間以上の大作だったら、内容的にどうなのと怒り出して飛行機がUターンする事態だが(なるか!)、何しろ短いので決着が早く、「うん、ま、こんなもんだろ」と思える。
そして結末についても、我々には既に「ネットは広大だわ」と肉体を捨てて電脳と観念の中へダイブしていった「草薙素子少佐」がいるので、まぁまぁ受け入れられなくはないのだ。

先に台湾から帰ってくる時に見たと書いたが、その台湾から始まる映画だったのでちょっと笑ってしまった。
チンピラ男から頼まれて、高級ホテルにアタッシュケース(手錠付)を届けに行くルーシー。
どうやらこれはかなりヤバい薬(見たところは青いシリカゲルみたい)らしく、チンピラ男は殺されちゃうし、ルーシーも他の数人と一緒にこの薬を体内に埋め込まれ、運び屋として世界中に飛ぶことになる。

何しろこの相手が韓国ヤクザのようで、字幕も出ないから最後まで何言ってるのかさっぱりわからんのだよね。
韓国人はこの映画見たら逆にセリフが全部わかってしまうのか、それともかの「ローグアサシン」(面白いよ!)でデヴォン青木が喋った「サラダ食べたいの!」みたいな支離滅裂な母国語が聞こえて吹きだしてるのか、どっちなんだろうか。

ところがルーシーはそれを狙う勢力から暴行を受け、その薬が体の中に漏れ出してしまったからさぁ大変。
ルーシーの脳はどんどん覚醒していき、髪の色や姿を変えるのは朝飯前、襲ってくる刺客を投げ飛ばす怪力や、投げるまでもなく宙に浮かせる念動力が使えるようになっていく。脳味噌すげぇ!(棒読み)

無論、ハッキングやクラッキングはお手の物。
ルームメイトの体の不調をまるでベイマックスのようにスキャンして知ることができたり、しまいには時をも止めて手塚ゾーンもびっくりの恐竜大紀行までできるようになるのだ。脳味噌すげぇ!(棒読み)

最後はパリでモーガン・フリーマン演じる脳科学者と合流し、事情を説明。
このノーマン博士の説は、映画だけにわかりやすくて楽しかった。
生物は過酷な環境下では各個体が「不死」を目指して進化し、食物が豊富で生命への脅威がない時は種の「繁殖」へと進むのだそうだ。

「ベルクマンの法則」がそうであるように、北の生物は自身が強く逞しくなり、南の生物は小さいけれど多数繁殖になるのかしらん。(でも北は確かに環境が苛酷で食物不足に悩むけど、南は南で食べ物があってもすげぇ寄生虫とか恐ろしい感染症とか多いよね!)

覚醒はさらに続き、やがてルーシーは自分がどうなってしまったか、そして100%覚醒するとどうなってしまうのかを知る。
最後は韓国ヤクザと銃撃戦になり、追い詰められたルーシーは銃口を向けられ、そして消えてしまう。
この世界そのもの、すべての事象や量子や概念に溶け込んだとでも言おうか…なんだかよくわからん。

とりあえず、ツッコミどころが満載過ぎて、いちいちツッコンでると楽しめないので、ゆるい気持ちで見るのが正解かな。
一応ルーシーの目的は、青いシリカゲルが悪用されないように体に埋め込まれた人間を確保し、薬を回収していくってことなんだけど、そのへんはどうでもいい感じ。

とにかく1時間ちょいで短いし、カーチェイスや銃撃戦もあるし、ヨハンソンはまだ十分カメラに耐えうる美貌だし、映画的なそのへんはクリア。
人がマトリックスのようにデータに見えるとか、襲い掛かる暴漢を宙に浮かすとか、目新しい映像があるわけではないけど、お約束的なのはいくつかあるしね。

いや~、CMで見たとおりの印象のアホな映画だったけど、機内上映で見られたし、終わったらちょうど羽田に着いたし、まぁいいかな。

100%覚醒のルーシーが博士に渡したデータ(わざわざシモジモにも使いやすいようUSBにしてくださった)を、我々覚醒10%組が理解できるようになるのは果たして一体いつになるんだろうか…(超棒読み)

(2015/10/12 記)
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベイマックス
2015/02/08(Sun)
「私はベイマックス。あなたの健康を守ります。」

ディズニーとマーベル・コミックがタッグを組んだ作品ではあるけれど、言われなければわからないほどディズニー色が強く、そしてとても面白い作品だった。
舞台は日本っぽい「サンフランソウキョウ」で、ベイマックスは原作ではどうやら全然違う形状らしいのだけど、こちらではおっきくて柔らかくて可愛らしい「ケアロボット」として登場する。

高校を飛び級で卒業し、周囲の人と馴染めないヒロは、自分で作ったロボットを非合法のバトルに出しては小銭を稼いだり大人たちをやっつけたりする事で鬱憤を晴らしている。
そんな彼を見守るのは、少し年の離れた優しい兄タダシ。
このタダシが本当にいいキャラで、彼自身も優秀な秀才なんだけど、天才の弟を妬んだり嫉んだりすることなく、両親のいない家庭で、友達も作れず、ひねくれかけている弟の才能をなんとか伸ばしてやりたいと心配しているいい兄貴なんだよね。
甘やかし過ぎるわけでもなく、危ない橋を渡っているヒロを頭ごなしに叱りつけるわけでもなく、やがてタダシはヒロが興味を持ちそうだと考えて、自分が通う工科大学に連れて行く。

そこにはヒロと同等の会話ができる、偏屈だけど優秀な変わり者たちが一杯いた。
自分を化け物扱いせずに接してくれる大学生たちとの時間、彼らの面白おかしい発明品、そして兄の開発する「ベイマックス」にヒロの瞳は輝き、笑顔が戻ってくる。

タダシの思惑は当たり、大学に飛び級入学するという夢を抱き始めたヒロだけど、なんという事でしょう…
そんな優しくて大好きな兄さんが、ある時突然、事故で命を落としてしまうのだ。
もー、マジでやめてよ…海外アニメが結構あっけなく人を殺すようになったのはここ最近だけど、これって絶対ジャパニメーションの影響だよね。

ヒロは最愛の兄と、画期的な発明品である神経制御ができるマイクロボットと、大学入学後に教えを請おうと思っていたロボット工学の権威であるキャラハン教授を同時に失って、またまたすっかり意気消沈…
そんなヒロの前に、起動したベイマックスが現れる。
嫌がるヒロをスキャンしたり、触れたり、調べたりしながら、ヒロの痛みや苦しみを、淡々としたフレーズで表していくベイマックス。

このベイマックスのセリフがもうね、どれもこれも心に響くというか、温かく包まれるというか、たまらないんですよ!
見た人にはわかると思うけど、バイタルを分析してくれるかと思いきや、「痛みは10段階でいうとどれだ」と聞き返されちゃったりして、イライラするヒロの反応もちぐはぐな会話も面白くて、なんだかじわりと涙が出てくるほど笑ってしまう。
そしてこのじわっとしたわずかな涙はきっと、笑いすぎや悲しみからくるものではなく、自分の中にあった「ストレス成分満載の涙」なんだと思う。

物語はヒロが作ったマイクロボットを巡って二転三転。
「小さなロボットがどこかに行きたがっています」
ヒロの心が傷ついているのはタダシが死んでしまったから。タダシがなぜ死んでしまったのか理由がわかれば、ヒロは元気になる。
それを確認したベイマックスは、小さなマイクロボットを持って街へ繰り出し、慌てたヒロは引きこもっている事も忘れて追いかけていくことに。
やがて2人は、燃え尽きてしまったと思われていたマイクロボットが大量に保管されていた工場に辿りつく。
ヒロはともかく、ベイマックスの潜入は一騒動で、空気を抜いたり入れたりこれまた大変。最後には穴が開いちゃった部分に、自分でセロテープ補修するのが可愛過ぎる!!
仮面の男に襲われたものの、命からがら逃げ出したヒロは、マイクロボットが無事という事は、あの時死んだタダシは事故死ではないと言う結論に達してしまった。

大学の変わり者の仲間たちと共に兄の死の真相を探るべく、ヒロはベイマックスに武装をつけ、飛行能力をプラスする。
格闘技をするケアロボットが必要でしょうか?と首を捻るベイマックスは可愛くて、飛べればよりよくなるというベイマックスも可愛い。つか騙されてる!騙されてるよベイマックス!!
仲間たちが使う道具も、反重力バイクとか、何でも切れるカッターとか、伸びたり縮んだり自由自在のボールとか、どれもとても面白い。みんなのパワードスーツもさくっと開発しちゃうヒロはやっぱりとんでもない天才なんだなぁ…
あとフレッドのまさかの正体にはビックリした。執事もカッコよくてビックリした。

マイクロボットを操っていたのは、タダシが救出に赴き、彼と共に死んだと思われていたキャラハン教授だった。
教授はかつてグレイが行った物質転送装置の実験で娘を失い、その復讐のためマイクロボットを使おうとしていた。
マイクロボットに固執していたのがこのグレイだったので、黒幕はこっちかと思わせてキャラハンだったというどんでん返し。

ヒロはキャラハン教授が兄を見殺しにしたと知って怒りに震えるも、ベイマックスに残された映像の中の兄は、人びとを癒し、ケアするロボットを作る夢を語る。ベイマックスに人殺しをさせたりしてはいけない…仲間たちやベイマックスにも諭されて、ヒロは怒りを収めていく。
ホントにね、兄貴は最後の最後までいいヤツ過ぎるんですよ。この人が作ったベイマックスだからこそ、ベイマックスはどんなロボットよりも素晴らしいんだよ。そして兄貴がどれだけヒロを愛しているかが伝わってくるのがね、とってもいいんですよ。

キャラハン教授の復讐は、マイクロボットでグレイを研究所ごと異空間に転送させて消し去る事。
ヒロたちはそれを止めようと立ち向かうも、ヒロが生み出したマイクロボットは変幻自在の姿ととてつもないパワーを持ち、凶悪な壁として立ちはだかる。
でもマイクロボットの特性は、その名の通り小さなロボットの寄せ集めである事。ロボットの結束を破り、小さくしてしまえば脅威はなくなり、復讐が果たせなかったキャラハン教授は無事お縄となったのだった。

そしてヒロとベイマックスには別れが訪れる。
キャラハン博士の娘を救うべく転送空間に向かった二人は、脱出直前大きな破片に襲われ、エンジンを損傷してしまう。
ベイマックスのロケットパンチなら、2人を出口に送り届けられる。嫌がるヒロに、ベイマックスはいつものセリフを言うよう促す。

「もう…大丈夫だよ」

言いたくないセリフ。さよならのセリフ。兄に続き、ベイマックスともお別れ。
ヒロがそう告げると、ベイマックスはロケットパンチを発射する。2人は出口へ、ベイマックスは転送空間へ消えていく…

娘が無事だった事を知り、キャラハン教授は安心して逮捕される。
再び失意のどん底に陥ったヒロだけど、ある日ふと、ベイマックスが残した腕を見て、拳が何かを握っている事に気づく。
それはベイマックスの全てが詰まったデータチップだった!
ってか、ヒロとベイマックスが別れる時に、「あー、データ抜き出せばいんじゃね」と思ってた自分を、「うん、ちょっと冷たいな、私」と思ってたのに、そのまんまじゃねーか!!しかも自分で抜き出しただとぅ!?やるな、ベイマックス!

タダシが作ったボディはなくなってしまったけれど、今度はヒロ自身が作ったボディで、ベイマックスは見事復活。
2人はまた、大空を飛びまわり、人びとの危機を知れば駆けつけ、仲間たちと切磋琢磨しながら、日々を過ごしていく。

「泣きたいときは、泣いてもいいんですよ」

泣きたい時に安心して涙を見せられる相手がいること…
その大切さを知ったヒロは、きっといつか、憧れてやまない兄タダシのような、優しくて大きな、素敵な男になるんだろう。

あー、本当に面白かった。
泣けて笑えてハラハラできて、とにもかくにも面白かった。
下手な最近のくだらないラノベアニメやハーレムアニメよりずっとよくできてる。
ディスニーもピクサーも、昔からの「勧善懲悪」や「仲間との絆」や「少年少女の成長譚」というテンプレは決して外してないのに、何より脚本が侮れない。日本もうかうかしてるとそのうちアニメでも後れを取って、バレーボールや柔道の憂き目を見るかもしれん。

ベイマックスが最高にチャーミングで、ヒロもだけど何よりヒロを想うタダシの愛が伝わる、最高の兄貴映画だった。
制作陣の日本へのリスペクトと愛も伝わってくるので、絶対お奨めしたいディズニー映画。ベイマックス最高♪

(2015/10/12 記)
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。