2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
かぐや姫の物語
2015/03/13(Fri)
アカデミー賞を逃したものの、水彩画のような優しい絵で、そのくせ高畑監督らしい、時には宮崎駿監督以上に毒のあるウィットの効いた「竹取物語」

光る竹の中から拾われた「タケノコ」は、「竹取物語」では早々に美しい姫になってしまうのだけど、この映画では村の子供たちと子供らしく触れ合いながら大人になっていく姿が、結構長いスパンで描かれる。成長は原作どおり早いんだけどね。

小さいころから可愛らしかった姫は、まだ未分化の時代には男の子のようにも見えるけど、うん、まぁ、「まんが日本昔ばなし」で村の子供たちが遊びまわる(その中のチビに大体すっぽんぽんがいる)雰囲気を思い出してもらえばよかろう。
オリジナルキャラの捨丸兄ちゃんに命を救われたりしつつ、姫は毎日楽しく、元気に育っていく。

なお、養育費は月からありあまるほど支払われていた模様。
囚人の生活費にしてはやけに高い気もするけど、人間を猿の群れに入れなければならなくなったら、せめて食べ物や家はちゃんとしてやろうと思うのかもしれない(ホントか?)

やがて翁は姫を連れて都に移り住み、立派な貴族の姫にすべく教育を始める。
ヨーロッパでは神聖ローマ帝国だのヴァイキングだのが野蛮で血腥いことこの上ない戦争ばっかりやってて、イスラム社会では歴史や哲学や航海術が発達し、中国では唐が衰えて諸国の力が増し、日本は貴族文化華やかなりし平安時代。
今から1000年近く前に、世界的にも政治も経済も文学もまだまだ全てが発展途上だった時代に、女流作家が流行小説を書いたなんて我々は当たり前のように思ってるけど(そして古典の時間には憎しみすら沸くけれど)、実は凄い事なんじゃね?と思う時代である。

姫は和風ロッテンマイヤーさんの指導の下、髪を長~く伸ばし、絵巻を見たり和歌を詠んだり、お歯黒の指南を受けておしゃれに精を出したりしながら、よりよい公達に見初められるべく、磨きをかけられることに。
もちろん、自由闊達に育った姫は不満が一杯。
だけど愛する翁の言う事ならと、同じく貴族暮らしに馴染めず、庭の東屋で草花を育てている媼に慰められながら我慢の日々。

CMでよく流れていた「かぐや姫の激走」は、こうした鬱屈した日々への怒りという事なんだろう。
大人になり、「かぐや姫」の名を受けた姫は、宴の最中に人々(基本男ばっかりだけど)の心無い言葉を耳にして、怒りのあまり走り出してしまう。
けれど、かつて住んでいた家はもはや自分の家ではなく、捨丸たちもいなくなっていた。
ここは夢なのか現実なのかわからないままだけど、月の人であるかぐや姫に不思議な力があってもおかしくはない。

しかしやがて姫の美貌を聞きつけた5人の公達が求婚にやってくる。翁はそれはもう大喜びだ。
翁を含め、出てくる男がかぐや姫の想いになんか何一つ考えを巡らせず、姫のためと口では言いながら野心や欲のために好き勝手な行動を取るので、かぐや姫はますます嫌気がさしてしまう。

そしてかの有名な「あの宝をモッテコイ」となり、貴族たちはニセモノを作ったり、別のものを持ってきたり、宝を取りに行って命を落としたりする。
姫は口八丁な連中に怒りを感じると共に、死人が出たことに嘆いてもいたけど、まぁ自分でそう言っちゃったからねぇ…
自分が物のように扱われてると怒るのはわかるけど、危険な宝探しに行けと言うのは限りなく未必の故意に近いわけで…
ならせめて一人ひとりともう少し時間をもって話してみれば、本性が見て取れたかもしれないしねぇ…

全ての求婚者を追いかえしてふさぎこむ姫に、ついに顎の長い帝までもが興味を持ち、襲い掛かってくる。
「竹取物語」では帝と別れなければならないとさめざめ泣いて贈り物を託したような気もするけど、タケノコはスケベなアゴ帝の行動にほとほと嫌気がさし、「ここにいたくない」と心から願ってしまう。

このことが浄化のサインで、かぐや姫は月に帰ることになり、あとは物語どおりなのだけど、最後に妻帯者となっていた捨丸にいちゃんに会ったり、翁と媼に自分の素性や事情を話したりして、「帰りたくない」と駄々をこねるシーンもあった。
でも月からチンドン屋さんを連れた大仏行列みたいなお迎えが来ると、翁たちが準備した警備も役に立たず、姫は記憶を失って月へと帰っていく。

さてこの映画の煽りといえばなんといっても「かぐや姫の罪と罰」がなんなのかということだった。
何しろ綺麗な女の子に群がる欲望まみれの男たちの業が深過ぎて、姫の罪と罰が霞んでしまう上に、はっきりと示されたり語られたりしたわけではなく、「考えるな、感じろ!」的な物語なので、感じ方はひとそれぞれだろう。
正直、私も見終わった時はポカーンとしてしまって、「え?で、罪と罰って何よ?」と首を傾げた。

タケノコが幼い頃から歌っていた歌は地球の歌で、以前、姫と同じように地球に流された誰かがつきで口ずさんでいたものだったとか。
感情もなく、心穏やかな月の民であるはずの姫は、その歌を聞き覚え、地球に憧れ、やがては「地球に行きたい」と熱烈に思うようになった。
月では、そんな事を考える事さえも重い罪なのだそうだ。だからそんな罪人は地球に流して、隣の芝生が本当に青いのか見て来いと言う事だったらしく、これが罰なのだとか。

えええええ…ぶっちゃけわけがわからん…

これを劇場で見て、エンドロールが終わって電気がつき、とっとと帰れと言われても、ずーっと腑に落ちなかった気がする。
テレビでやる頃には劇場で見た人やブルーレイで見た人がこの話を咀嚼し、あちこちでレビューや分析をしているので確認する事もできるけど、劇場公開中はそういうものはまだまだだと思うからだ。

田舎暮らしが続いてたら、貧しいながらも好きな人(捨丸にいちゃん)と結婚して子供を産み、人生をまっとうしたかもしれないけど、養育費がたんまりあれば人間は欲をかくから、窮屈な都暮らしで人間の汚い部分を見せつけようぜへっへっへというのが月のやり方なんだろうか。

すげーまわりくどいわっ!!

今度はかぐや姫が月であの歌を口ずさみ、また第2第3のかぐや姫が生まれていくんだろうか。
実は室町時代や江戸時代にも月から来たかぐや姫がいたんだけど、彼らは月の思惑通りにいかず、降り立った流刑地で意外にも楽しく過ごし、人生を全うしちゃったんだろうか。
今ももしかしたら男たちを魅了してやまない何代目かのかぐや姫が、「はぁ?月?あんなつまんないところに、帰るわけないでしょ!」と地球ライフを謳歌してるのかもしれないねぇ。

ちなみにこの時アカデミー賞を取ったのは「ベイマックス」だった。
うん、納得。超納得。
ジブリが失ったものを「ベイマックス」は全て持ってたもん。

(2015/10/18 記)
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カールじいさんの空飛ぶ家
2015/01/17(Sat)
「風船で飛行」と聞くと、いやでもあの「風船おじさん」を思い出すよねぇ…

公開当時から見たいと思ってたんだけど、ウォーリー同様見そびれてしまった作品。
しかし念願かなって見てみたら、予想以上に大冒険譚でカールじいさんもラッセルも頑張っててすごく面白かったので驚いた。
ホント、最近のディズニーやピクサーの作品は侮れない。下手したら日本の「コアなファンでいいから円盤が売れる作品だけを作ろう」というアニメ業界よりいい作品を作ってるかもしれない。

子供の頃に「冒険が好き」という趣味が合ったエリーと結婚し、幸せに暮らしてきたカールじいさん。
しかし妻が病に倒れて亡くなり、訪ねてくるのは再開発のために立ち退きを迫る交渉人と福祉施設の相談員、それからボランティアの押し売りをする太っちょのボーイスカウト隊員くらいで、すっかり一人ぼっちの頑固じじいになってしまった。
ところがある日、偶然の事故で交渉人に怪我を負わせてしまったため、カールじいさんには裁判所から立ち退きと施設への入所が言い渡されてしまう。

失意のじいさんは、施設入所の前日に最愛の妻エリーが残した冒険日記を見つけ、彼女と行こうと誓っていたパラダイス・フォールへ行くことを決意する。
でも飛行機や船で行くのではない。なんと調度品を固定し、たくさんの風船を家に結びつけて、家ごと空の旅に出たのだ!

もちろん順風満帆ではなく、晴れの日ばかりではなく雨や嵐の日もあり、何かあれば風船はしっかり割れてしまう。(このへんはやけにリアル)
しかもさらに悪い事に、家の中にはボーイスカウト隊員のラッセルまで入り込んでいた!
このラッセルののんびりととぼけた性格と、カールじいさんの頑固で聞き分けのない性格がうまいことマッチングして、2人の会話が実に楽しい。
太っちょでおとぼけキャラのラッセルだけど、実は両親が離婚していて父親に引き取られたようなんだけど、父の再婚相手とうまくいかず、その結果父とも話ができないので、なんとかボーイスカウトのバッチを手に入れて父から授与してもらいたいのだと言う。
そんなポンコツ・トラベルでなんとかかんとかパラダイス・フォールが見えるところまで辿りついたものの、エリーと目指した滝の近くまで家を持っていくと、頑固なじいさんは譲らない。

ところがここにはかつてカール少年とエリーが憧れた冒険家のチャールズ・F・マンツが住み着いていた。
彼はかつて持ち帰った怪鳥の骨を偽物扱いされて失脚し、犬を従えて何十年も怪鳥を捕らえるべく狙っている。
で、その怪鳥はといえば、ラッセルの前に現れてチョコレートを貰い、すっかりなついてじいさんに「連れ込むな」と叱られる始末。
しかもさらにケヴィンを追っかけてきたバウリンガル付の犬・ダグまでもが二人に懐きまくる始末。

カールじいさんは最初こそ憧れの冒険家マンツに会えて感激していたものの、彼が怪鳥のケヴィン(命名はラッセル)を追っていることと、昔の栄光への妄執に危険を感じ、出発を急ぐ事にする。
が、すっかり少なくなった風船では、家はもう前のようには飛べないため、犬部隊に追跡されてついにケヴィンは拉致られてしまう。

マンツが隠し持ってた飛行船に乗り込むべく空を駆け、空中戦を繰り広げるその様はまるで往年の宮崎アニメを髣髴とさせる外連味たっぷりの冒険シーン。こういうのが見たいのに、労咳の病人の前でタバコだの妻との睦言だのを描いてるんじゃ、宮崎も老いたりよ。

「あなたが大好き!」とカールじいさんにラブコールするダグが死んじゃったかと思ったシーンは、わりと本気で心配しちゃったよ。
マンツに勝利し、飛行船を手に入れたじいさんはエリーとの愛の巣をパラダイス・フォールに置いてさらなる冒険の旅を続ける事になったようだ。
けれど大切な友人であるラッセルとの友情も続いているようで、どうやらママと暮らし始めたラッセルにバッチを授与したのは、疎遠になった父ではなく、カールじいさんだった。しかもそのバッチは、ボーイスカウトのものではなく、エリーがカールにくれた王冠のバッチ!
そして昔パパとやったように、カールじいさんと車の色当てをするラッセル。
それがひと段落すると、2人はダグをはじめマンツが飼っていた犬たちと共に飛行船に乗り込み、また大空へと新たな旅に出るのだった。

とにかく風船で浮かんだ家から見る景色が素晴らしい。町や畑や空がとても綺麗だった。
そしておでぶちゃんでボーイスカウトのくせにテント一つまともに張れないラッセルが超絶ウザい。ウザいのに、よくよく関わってみれば純真で素直ないい子で、しまいには可愛くすらなってしまう。なんか悔しい。けど嬉しい。
パラダイス・フォールがまんまギアナ高地。ケヴィンの七色の羽がとっても綺麗。バウリンガルで喋るダグがとにかく可愛い。
一万個を超える風船もカラフルで綺麗。家の調度品もしゃれていて、とても住みやすそうなおうちだ。

それにしても、まさか最後の最後にあんなコナンやラピュタばりの空中大合戦が待っているとは思わず、ホントにビックリした!そしてすごく面白かった!楽しかった!ケヴィンを助け、犬たちも死なず、マンツだけが落ちていった時は、じいさんがちゃんと手を伸ばしてかつての憧れの人を救おうとし、マンツもこれで心を入れ替えるか…と思ったけど、結果的には一人寂しく落ちていってしまった。容赦ないなぁ…ちょっと後味は悪いけど、最近の日本のアニメはぬる過ぎる作品が多いので、見習って欲しい。
カールじいさんとラッセルの友情物語もいいし、最後にケヴィンが雛を育てているメスだったというオチも笑った。

しかしやっぱり何より、あの風船おじさんもまだどこかを飛んでるのかなぁと思い出すような映画であった。

(2015/10/11 記)
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。