2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エスター
2015/08/15(Sat)
この娘、どこか変だ

原題は「鉄血のオルフェンズ」の元ではないかと言われている「Orphan(孤児)」なので、余計に最後のどんでん返しに「くそっ!やられた!」と思うこと間違いなし。

まず始めに、私は疑うことなく、最後の最後まで気づけなかった。
今思えばヒントはたくさんあったし、そもそもエスターの出どころが精神病院であることを考えれば言わずもがなだし、職業柄もそこに「ん?」と引っかかった事は事実である。
しかしその直感を信じるよりも、刷り込まれた情報によって「母親が精神病者で、精神病院生まれというオチだろう」と自己完結してしまったのだ。

3人目の子供を流産してしまったケイトは、毎晩のように血まみれの悪夢を見てうなされる。
そのことが原因でアルコール依存症になり、末娘で聴覚障害児のマックスが池に落ちる事故に遭ったり、夫とはセックスレスのままで家庭は冷え切り、あまり芳しくない状況で停滞している。

そんな状況を打開しようと、2人は養子を迎えることにする…ってそれが、日本人にはどうにもこうにも理解に苦しむトンでも発想だと思う。
「かーちゃんが不調→夫や子供たちとうまくいかない→家庭が暗く不健康」という構図なら、何よりまずかーちゃんに元気になってもらおうという発想に至ると思うのだけど、ここで「流産した子供の代わりに子供を一人引き取ろう」ということになるってのが全然理解できない。ペットロスじゃないんだからさぁ…なんで今いる子どもたちに、死んだ子への分も愛情を注げないわけ?わからんわ。

まぁやたら脆いかと思いきや、変なところで頑健な白人さんたちの精神構造は我ら有色人種には到底理解できないので、そういう結論に達したという事は理解し、二人は引き取る子供を捜しに児童養護施設へ向かう。
そこでジョンは、子供たちの輪に加わらず、一人で絵を描いているエスターという少女に会う。
彼女の独特の世界観が滲み出た絵をもとに会話する中で、ジョンはエスターの高い知性と落ち着きに魅せられ、それはケイトも同じ。年齢にそぐわないほどの賢さが彼女を可愛らしく見せ、引き取られた先が火事になったという境遇の不幸さは2人の同情を呼ぶ。

やがてケイトとジョンに迎えられたエスターは、兄ダニエルと妹マックスにも紹介され、5人家族として出発する事になる。
ダニエルは会ったその時からエスターが気に入らないらしく、その立ち居振る舞いを胡散臭そうに見て近づかない。
一方エスターは耳が聞こえず、喋れないマックスに優しく接し、手話も覚えてすぐに仲良くなる。
これからはうまくいくと安心する夫婦の単純な思いとは裏腹に、やがてエスターは本性を表し始める…

エスターは知能が高く、大人びている上に、感情を抑制する事もできる。
ダニエルが撃ってしまった鳩を、苦しませるのは可哀想だからと石で叩き潰せる。
エスターはクラシックな服装が好きで、首と手首にいつもリボンを巻いている。
服装や聖書を馬鹿にしたクラスメイトを奇声を発して牽制し、滑り台から突き落とすけど証拠はない。
エスターは風呂に入る時は必ず鍵をかける。
家族に対して鍵をかけるのは…と鼻白むケイトに、なら歌を歌ってるから無事を確認してと知恵が回る。
エスターはパパとママのセックスを見ても顔色一つ変えない。
気まずそうにいいわけに来たママに、「ただのファックでしょ?」と答えて動揺させる。

やがてエスターの行動に疑問を抱き始めたケイトが養護施設に問い合わせると、担当のシスターは彼女の出自について重大な秘密を掴み、それを知らせようとやってくる。何しろ彼女が引き取られる先の家族が皆、一様に命を落としているというのだから怪しい。
エスターにとって、そんな情報を持っている彼女は邪魔。
そこでマックスを利用して事故を誘発し、非道にも頭を叩き潰されてその場にポイ。エスターには人殺しなど朝飯前のようだ。

そんな中、ケイトはますますエスターへの不可解な疑念を強めていく。
流産した娘のために植えたバラをむしりとって花束にしたり、弾けないはずのピアノを弾いてみせたり、ジョンにばかりいい顔をして、自分で腕を折って(ぎゃあああ、痛い痛い!)味方につけたり…
カウンセリングに行っても、何もおかしなところはないと言う。いい子を演じたエスターはストレスでトイレの中で半狂乱だったけど。
彼女の聖書に挟まれていた写真から電話番号を割り出すけれど、それははるか遠いエストニアの精神病院で、エスターがいた養護施設とは何の関係もなさそうだった。
それにしても今時のアメリカでは聖書を持ってると「キリストオタク」になっちゃうのかね?あれにはちょっと驚いた。

クラスメイトの突落としといい、シスター殺しといい、エスターの本質にいち早く気づいたマックスは、「ママを殺す」と脅されてやむなく共犯者になり続ける。
ダニエルもそんな妹の様子にちゃんと気づいたのに、なぜここで手話で会話しないんだおまえは!
口話のできるマックスに声に出して話すもんだから、エスターに丸聞こえ。凶器を隠した木上の小屋で対決するも、火をつけられてダニエルは意識不明の重体になってしまう。ここはまだ「対等な子供同士」だと思ってるから「もー、バカだね」と思ってしまった。

昏睡状態のダニエルに止めを刺しにいくエスター。マックスは慌ててママに知らせるけれど、時既に遅く、ダニエルは窒息させられ心配停止状態…からかろうじて復活。ああ、よかった。やっぱ子供が死ぬのはちょっとねぇ…
そしてケイトは半狂乱でエスターにつかみかかり、周囲から取り押さえられてしまう。

ジョンとマックスと家に帰ったエスターは、化粧を施し、セクシーな格好をして、ジョンにワインを勧めて誘惑する。
もうね、ここは非常に気持ちが悪い。もういい年をしてるのに、子役から知ってる安達祐美のおっぱいやセクシーポーズを見ると超気持ち悪いみたいなそんな気持ち。
さすがにこれにはジョンも怒り出し、エスターを叱り飛ばしてやめさせる。よかった、お父さんまともで…

一方、鎮静剤を打たれてまだ意識が朦朧としているケイトの元にはあの精神病院から電話が入る。
それは衝撃の、いやホントに衝撃の宣告だった。

「エスターという娘は、子供ではありません。こちらに入院していた、とても危険な患者です。」

えええええ!?

33歳になるリーナは、特殊な病気で大人になれない体型を利用して子供になりすまし、養子縁組した家族を惨殺していた。
しかもその動機は金や財産というより、その家の主人に懸想し、性欲ムラムラで迫っては拒否されるという「いや、それロリコンじゃないなら当たり前でしょ」という困った動機だったようだ。(パパンがウディ・アレンだったらよかったのにね!)
事実、エスターの部屋にはブラックライトでしか見えない絵が壁中に描かれているのだが、殺人や放火に混ざって、男女のイトナミが大きく描かれ、私の趣味ではないが前衛的エロ絵と見えなくもない。どんだけ性欲強いんだこいつ…

ケイトが家に辿りついた時には、エスターを拒んだジョンはめった刺しにされて冷たくなっていた。
しかし彼女にはまだマックスがいる。
娘を助け出さねば!ということで、いよいよエスターこと、殺人鬼リーナと対決の姿勢です。

このあたりでエスターは化粧を落とし、髪をひとつに縛って、子供だけど33歳らしい立ち居振る舞いを始める。
いくら子供に見えても、実際は33年生きてるので肌の衰えや体型のゆるみ、体力の衰えは始まっている模様。何より一番危険なのは歯。そりゃ9歳の子に親知らずを含む永久歯が全部生えてたらヤバいから歯医者に行きたがらないわけだ。(まぁ私は恥ずかしながら顎が小さ過ぎて未だに親知らずは生えてませんがね…)
とはいえもっと年上のケイトほどトシではないので、元気に凶器を振り回して襲ってくるエスター。当時11歳か12歳くらいのイザベル・ファーマンが、これまた賢そうなエスターと凶悪な殺人鬼のリーナを演じ分けててうまい。

せっかく警察が来てくれたのになんで外へ飛び出すんだというツッコミをよそに、最後はババア2人が冷たい池の中で足の引っ張り合い。
足を掴むエスターしぶとい、振りほどこうとするケイトも負けない、マックスはなす術もなく泣いている(どんだけトラウマになるんだ)

「助けて、ママ」
「あんたなんか、私の子供じゃない!」

ついにケイトの蹴りがエスターの顎に決まり、彼女の首が嫌な方向に曲がって勝敗が決する。
この後、「あの時、私は確かに彼女の事を蹴り落とした。けれどその後警察がいくら池をさらっても、エスターの死体は出てこなかった…」だったらめっちゃ面白いと思ったんだけど、そのへんは有耶無耶のまま終わってしまった。

いやぁ…オーメンのダミアンのような、「全てを把握し、超越した子供」なのではなく、病気の大人で、殺人鬼だった、というどんでん返しとは思わなかった。
エスターは凶暴性のある患者で、長い間拘束されていたため、首と手首に傷があり、リボンで隠していたのだそうだ。
ダニエルがエスターを胡散臭く思ったのは、同じ子供の「匂い」がしなかったからだろう。パパとママに言ったって信じないだろうし、夜中に「おまえのチンコ切るよ」とビビらされ、チビらされて可哀想に。

とにかくこの映画は、エスターがどうこうより、そもそもケイトがなぜ養子を受け入れようと思ったのかってのがネック。
男は単純なのでジョンがその考えにたどり着いちゃったのはともかく、養子なんか迎えて、これから難しい年齢になる実子たちへの影響や、実子にきめ細かく手が回るかとか、そういう事は何も考えないのかね?ホント、日本とは感覚が全然違うんだろうなぁ…

大人になれない病のエスターも哀れではあるけれど、もしかしたら精神病院での処遇も非人道的だったのかもしれないけど、わかってるだけで7人も殺してるんだからやっぱり同情の余地はない。
となると、この家での惨劇は明らかにケイトが招いた事態だったなぁと思う。

そして「ホラー映画が見たい」と思って借りたはいいが、結果的にやっぱり「一番怖いのは人間」という映画だった。
ちなみにディスクには別バージョンの結末もあって、ラストシーンで銃を構えた警官隊が突入してくると、傷だらけの顔に化粧をして、いつものように少女の服を着たエスターが「こんにちは、私はエスターよ」と挨拶して階段から降りてくるおっかねぇバッドエンドが収録されていた(こえぇ…)

でも私はやっぱり「死体が見つからない」がいいな(それもこえぇ…)

(2015/10/12 記)
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エリジウム
2014/01/01(Wed)
低予算ながら「地球に辿りついた高い知能を持つ異星人が、その見た目から苛烈な『人種』差別を受ける」という、今までにない新たな「宇宙人襲来物」を描いた「第9地区」の監督が、今度は大物俳優をこれでもかと投入して作成した格差SF。
22世紀、地球にはまさしく「上下」社会ができていた。
大気が汚染され、人口爆発によって人々を養いきれなくなった地球は荒廃し、病み疲れてしまったのだ。

そんな地球を富裕層はあっさりと見限り、軌道上に作り上げた楽園・エリジウムに移住して暮らしていた。
そこには清廉な空気と水、溢れる食物があるけれど、何より素晴らしいのは恐るべき発達を遂げた「医療」だった。
医療カプセルに入ることで、人びとはどんな疾病も怪我も一瞬で治癒してしまう。
エリジウムはまさに、「死」すら恐れる事のない永遠のユートピアとなっていた。

その一方、地上に取り残された人々は飢えや病、怪我に苦しみ、空を見上げてため息をつき、地面にひれ伏して絶望の生活を送っていた。
養護施設で育った孤児のマックスもその1人。
文字を教えてくれた孤児仲間のフレイと交わした、「いつかエリジウムに連れて行ってあげる」という約束を守るため、盗みを繰り返すマックス。
けれど優しい院長先生は彼を頭ごなしに叱るのではなく、自分たちが生きるこの汚れてしまった地球も、宇宙から見れば美しい惑星であると優しく諭すのだった…

ブサイク・インテリのマット・デイモン、メンサ会員のジョディ・フォスターなどの有名どころを投入する一方、「第9地区」の主人公がとんでもなくゲスい殺人者に扮してたりして小ネタにも事欠かなかったけど、なんとなく似たような設定だと思ったのがまさしく「TIME」
しかもこれもまた「『ガタカ』が面白かったから」と監督の手腕に期待した動機まで似ている。

つまらなかったわけじゃない。普通のディストピアものとしては全く問題ないレベル。
ただやっぱりね。あの「第9地区」と比べちゃうとね。まぁ比べ物にはならないかなって思う。
逆に比べ物にならないほどの人材や資金を投入してることもわかるんだけどね。

腕のいいクラッカーであり、かつ武闘集団を率いるスパイダーが送り込んだ移民シャトルと、エリジウムの防衛長官であるデラコート長官がクルーガーを利用して迎撃するシーンは手に汗握ったし、マックスがこの映画の宣伝文句だった「5日間の命」という運命に陥る理不尽さは、きっとこれまでの人類史の中でも実際知識のない労働者が蒙ってきた悲劇なんだろうなぁと思わせる。
このあたりの「社会派っぽいけど説教臭くない」緩急つけた演出はやっぱりうまいなぁと思う。

放射線によって蝕まれたマックスはまるで犬の餌のように薬を渡され、死を待つばかりの身になってしまった。そんな彼をスパイダーは歓迎し、取引を申し込む。
エリジウムから来ている要人を誘拐し、その頭にあるデータをそっくりいただこうと言うのだ。
成功すればマックスはエリジウムへのチケットを手に入れ、体を完治させる事も可能になる。

まずはそのデータを受け取るための電脳手術を受けるんだけど、これがまた荒っぽ過ぎて笑った。
言うなれば世紀末救世主伝説に出てくるヒャッハァーな方々に、やけにアナログな電ノコやらドリルやらネジを使い、超高度なサイバー手術を施されるようなものなので。
その「ついでに」装着されて神経接続されたエクソ・スーツもなんかえらい中途半端過ぎだよ!体からちょっと浮いてる感がハンパなく中途半端だよ!
つーかさ、あれ、感電せずにシャワー浴びられるんかなぁ…無理そう

狙ったのはマックスの雇い主でもある資産家ジョン・カーライル。
ところが時を同じくしてエリジウムの「平和」を守っていると自負しているデラコートが、自分を批判した上層部に反旗を翻そうとカーライルを抱きこんでいたからややこしい事態になってしまう。

なぜならマックスが相棒のフリオ(ただのチンピラかと思ったらすげーいいヤツだったので驚いた)を失ってまで手に入れたカーライルの情報は、エリジウムのシステムそのものを書き換える事ができる重大な極秘データだったからだ。
カーライルが死んでデータが盗まれたと知ったデラコートは再びクルーガーを投入し、マックスを追わせる。

地上で小汚い生活をしていたクルーガーが次々と最新メカを繰り出し、テクノロジーを駆使してマックスを追い詰めていくのは小気味いい…というよりは「バカに刃物を持たせたらいかんなぁ」とつくづく思わせるわ。

深手を負ったマックスが辿り着いたのは白血病の娘を抱えたフレイの元だった。
娘は既に手の施しようがなく、エリジウムに行くしか治せる見込みがない。
けれど今は追われる身のマックスには何もしてやれず、彼は2人を置いて去っていく。
マチルダが語った「ミーアキャットとカバ」の話を胸に刻んで。

このあたりまで結構まったりと進んできたけど、フレイとマチルダをさらったクルーガーがデラコートがなぜそんなにデータを必死に取り返せと言うか気づいてからは急に加速した。というか、急過ぎてびっくりした。
こいつの顔がド派手に吹っ飛ばされたのには驚いたけど、カプセルに入ったら見る見るうちに治ったので、逆に「あれで死なないってどんだけ頑丈なんだ」と感心した。
こんなすごい世界(エリジウム)を知りながらも、嬉々として地上のスラムで暮らしてるんだからやっぱり変なヤツだ。(ターンAのロランとかもそうなんだけど。)
何しろ復活したクルーガーは文句を言いに来たデラコートの首を掻っ切ってしまうのだ。

えええええ!?

あんなに悪役ヅラして非情に徹してきた彼女がこれで死んじゃうの?
あっけなさ過ぎてびっくりだよ。諦め早過ぎだよ長官!
そしてラストは当然クルーガーVSマックスのガチバトルだったけど、どうせなら「実は長官は半サイボーグでした」なんて設定で、ラストはメカ・フォスター大暴れなんて方が笑えたよ。

密入国してきたスパイダーは、マックスのデータを使えば地球の全住民がエリジウムの特権を行使できるようになると言う。
けれど、データをダウンロードした瞬間、マックスは死ぬ。
それは復活のない死なのだ。
柄にもなく躊躇するスパイダーに、おまえができないなら自分でやるとスイッチを受け取るマックス。

今まさに医療ポッドの中にいるマチルダのため、娘の回復を願うフレイのため、小さなミーアキャットを助けたカバの気持ちを理解したマックスは、かつてシスターが語った美しい地球を想いながら、静かにボタンを押すのだった…

う~ん…悪くはないんだけどねぇ…

実は機内上映で見たのだけど、ホントは「キック・アス2」が見たかったのに日本語吹替も字幕もなかったから仕方なくこれにしたんだけど…もうちょっと期待を裏切ってくれてもよかったよ?

まるで小さな箱庭みたいなエリジウムの様子は面白かった。
けどホント、まんま「TIME」っぽい。
特権階級には死がないとか、どんよりしたスラムや過酷な労働を強いる工場の様子とかもどことなく似てる。
でも命を賭けて変革を起こすという予定調和、かつ少し苦い終わり方は、同じ社会の変革でも終始力押し(強盗)だった「TIME」よりはまだよかった…かな?
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。