2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イントゥ・ザ・ウッズ
2015/03/30(Mon)
赤ずきんはじめ、登場人物が歌い上げる「Into the Woods!Into the Woods!Into the Woods!」が印象深いミュージカル映画。…というか見どころ聞きどころはこの歌だけというか…

全米公開のニュースで見た赤ずきんがあまりにもイメージどおりだったので面白そうだと思ったのだけど、もともとは演劇ということで、ストーリーは荒唐無稽で一貫性がなく、思ってた物語とはちょっと違った。
パン屋の夫婦が呪いを解いて子どもを授かるためには、「血のように赤いマント」「雪のように白い牝牛」「トウモロコシのような髪」「金色の靴」を集めなければならない。
というわけで、主人公はメリル・ストリープ演じる魔女に呪いをかけられたパン屋の夫婦で、ほかに赤ずきん(赤マント担当)、シンデレラ(金色の靴担当)、ラプンツェル(トウモロコシ髪担当)、ジャック(白牛担当)が登場。

ジョニー・デップが赤ずきんを狙う狼だけど、私が大好きなカルトムービー「狼の血族」のような色気はなく、赤ずきんもすげー大食いの奇声キャラ。
ジャックは貧乏であまり頭がよろしくないので、白い牝牛の売り方がイマイチわからない。
シンデレラに至っては毎晩舞踏会に行くのはいいのだが、全速力で真っ暗な森を駆け抜けて逃げ去る韋駄天娘。
魔女に育てられているパン屋の妹でもあるラプンツェルは童話のまんまで、シンデレラの王子の弟と懇ろになる。

登場人物がそれぞれ勝手気ままで、そんな連中からひとつずつグッズを集めなければならないのだからパン屋も相当苦労する。
でもパン屋もずるいんだよね。おつむのよくないジャックからは豆と引き換えに牝牛を手に入れ(この豆が「豆の木」となって巨人の国に繋がる)、赤ずきんからはずきんを、シンデレラからは金の靴を盗もうとするし、ラプンツェルのことも王子のふりして騙す。
こいつら騙すか盗むかしかしてねーよ!(しかもほぼ初見は失敗)

まぁ紆余曲折を経てパン屋はなんとか無事にグッズを集めることに成功し、魔女が若返ったので呪いは無事に解かれ、子供を授かる。グッズはインチキ(トウモロコシのヒゲ)でもよかったり、牛が死んでてもよかった(生き返らせられるから)とか、どうも腑に落ちないんだが、そこはまぁいいだろう。許す(エラそう)

シンデレラは逃げるのをやめて王子と結婚し、国を治めることに。
巨人の国へ行ったジャックは宝物をせしめた上に追ってきた巨人を撃退する事に成功し、金持ちになる。
赤ずきんは狩人ではなくパン屋に狼の腹から助け出されて、まぁいつも通り。
魔女に追放されたラプンツェルも失明した王子の弟の眼を治すことに成功した。

こうして一旦ハッピーエンドかと思わせたんだけど、その後さらなる「えええ?ないわ~」という展開に向かう。
豆の木の上に住んでいた巨人女が、夫を殺したジャックに復讐しに降りて来たからだ。
おかげでジャックの母親は家ごと潰されて死んでしまう。
ついでに赤ずきんの母親とおばあちゃんもお陀仏に。
国の危機だというのに、シンデレラの夫は新妻に飽きたのかパン屋の妻と不倫に走り、パン屋の妻は崖から落ちて死んでしまう。
シンデレラは不実な夫を見捨て、ラプンツェルは母だと思っていた魔女を見捨てて王子の弟と出奔してしまう。
なんかもう、急転直下過ぎるよ!

魔女も絶望して沼の底にひきずりこまれてしまい、それぞれ独りぼっちになったおとぎ話の主人公たちと森の奥で合流したパン屋の夫は、「立体機動装置を使い、巨人の頭より下、うなじにかけての縦1m横10cmを削ぎ落とすのだ!」(BGMはもちろん「♪Seid ihr das Essen ?Nein, wir sind der Jäger !♪」)

…とは言わず、石をぶち当てて殺そうと提案する。
その結果、巨人のおっかさんはそのまま岩に当たってお亡くなりになった。
ってか早いな、決着つくの!

豆の木を登ってきたジャックを人食いの夫から匿ってくれたんだし、もともとは親切な人だったと思うので夫の死に逆上したことには同情できるのだけど、とはいえラスト直前になって「第2部 進撃の巨人」になっても困るので仕方がない。

妻を失ったパン屋、夫を見捨てたシンデレラ、母を失った赤ずきんとジャックは、赤ん坊を含めて5人で暮らす事になった。
えええええ…何それ…わけがわからない…

私はグリムやペローのおとぎはなしの暗喩がとても好きなので、これらをモチーフにした映画(特にちょっとダークだったり色っぽかったりすると嬉しい)にはいつもいつも大期待してしまうのだけど、いつもいつも大きく裏切られてしまう。「ブラザーズ・グリム」とか、「マレフィセント」とか、「赤ずきん」とか、「エバー・アフター」とか、古いところだと「スプラッシュ!」とかもそれ。(そのまんまの童話を映画化するんじゃなく、何かアレンジされてるものってことで。見てないけど「ヘンゼルとグレーテル」とか、「スノー・ホワイト」とかも該当するかな)裏切られなかったのは前述の「狼の血族」くらい。
始まってすぐ、これはまたしても私の勘違いだったなと思ったけど、それこそもうInto the Woods。

演劇だったらライトや背景での舞台効果や、音楽や歌で盛り上げて暗転→場面転換とかありだけど、映画だとどうもねぇ…
非常に印象的な「Into the Woods!」はよかったけど、本当にそれくらいかな、評価できるのは。

それにしてもこの物語、ラプンツェルはパン屋の妹なのに、この仲間たちとは何の関係性もなかったのが気になる。
そして何より一番こっぱずかしかったのは、王子と弟が滝の上で愛する人に恋焦がれる気持ちを歌い上げるシーンで、胸をはだけて絶叫するところであった。

何やってんのあんたたち…

(2015/10/17 記)
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。